FC2ブログ

人妻出会いネット無料版

2018/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻 出会い 露出ハイキング

コートを着せての野外露出はそろそろ終わりなので、先日、滋賀県のある
ハイキングコースへ野外露出ハイキングに出かけた。
カメラは私のものを、ビデオは彼女が家で家族に見つからず見られるように以前に彼女自身が
買っていたものを持っていった。
ハイキングというには、似つかわしくない服装だったけれど、途中、街で露出できればと考えてのことだった。
街中での露出は、出かけた時間が遅かったので、できなかったが、バス
では、後ろの方の座席に座り、空いているにもかかわらず、彼女の座席の
横に立って遠くに見える景色を案内するふりをして、彼女の上の方から胸
を撮ったり、ノーパンのスカートを捲らせてあそこを撮ったりした。
横に座っては、彼女のTシャツの下から手を入れて胸を触ったり、あそこ
を触ったりした。指を出し入れしたときは、声を出されて少しやばかったが、
興奮してきて、こんなチャンスは二度とないと思って、最後部の座席に移り、
私が窓側に座り、ちん○を出してフェラを要求すると、「手でしてあげるか
ら、許して」と言ってきたが、「ダメだ。早く。」と言うと渋々ながらやっ
てくれた。か、まんざらでもなく、ねちっこいフェラだった。もうすぐ終点
につくというところで、彼女を同じ最後部の向こう側に座らせ、こちらを向
かせて、脚を開かせて数枚、あそこも彼女自身で開かせて数枚撮った。
彼女はもうさっきからの刺激で本気汁が太股までべっとりたれていた。
もちろんビデオでもばっちり撮った。ハンカチでその本気汁を拭かせて、
レースのすけすけパンティをはくところまでも撮った。
ガイドブックで調べたとおり、バスで最終の停留所に降りた。ハイキングの
場所としては、メジャーな場所でなかったので、途中であう人は全くなく、
少し気が抜けた気もしたが、平日だということをうっかり忘れていた。
頂上までは、人気がないので、気にすることなく、思う存分写真・ビデオを
撮りまくった。頂上に着くと気分爽快で、ここでも思いっきりセックスした。
やはり、正常位よりバックの方が景色も見られて気もちよかった。その後、
下山途中、もう少しで停留所のある道路というところに神社があった。
時計を見ると帰りのバスまで相当時間があったので、休憩して水を飲んでい
たら、近所の子供二人が遊びに来た。私が親しげに、「君たち、この近くの
子?」と聞くと、愛想良く受け答えをしてくれた。ひとりはまさる君で、
もう一人はひろし君という名前だった。私はここでいたずら心が出て、ある
考えが浮かんだ。彼女の裸をこの子どもたちに見せたらどんな反応をするだ
ろうかと。「君たち、このおねえさん、キレイ?」子供たちは「きれい。」
「このおねえさん、おにいさんの奥さん?」とか言ってくれた。私もまんざら
ではなく、「こんな服装どうかな」と言って彼女のコートの前をはだけさせた。
別に胸を出しているとかノーパンとかではなかったけれど、ボディコン風で、
ノーブラにTシャツだったので、乳首も浮かんでいて、間近に見た子供たちに
は少し刺激があったようだ。私が優しく話しかけていたのと私の容ぼうも優し
い方なのでで、まじまじと見て「いけてるよ」とか「かっこいい」とかほめて
いた。このとき彼女は私が何を考えているか少しはわかったらしく、次に起こ
る展開にとまどいを感じたの困惑の表情をした。私は子供たちに聞こえないよ
うに、彼女の耳元で「いいかい。」と尋ねると、彼女はわかったらしく小さく
頷いた。後で聞いたのだが彼女はこのときもう彼女は少し濡れ始めていたそう
だ。小学6年生の子供に男を感じるなんて、淫乱な女だと言ってやったら、
あなたがそんな女にしたと言われてしまった。私は、念を入れて周りを見渡し、
「君たち、もっといいものが見たいか。絶対秘密にして誰にも言わないと。
約束できるなら、おにいさんも君たちに悪いことはしないから。絶対だよ。」
と言った。子供たちは半信半疑で、期待もあってか「絶対約束するよ。」と
少し震えるような声で言った。「そしたら、ここじゃ、まずいからお堂の裏へ
行こう。」と子供たちを促した。お堂の裏で「君たち、ここだったらだいじょう
ぶかい。」と子供たちに聞くと、「絶対大丈夫。人が来たらすぐわかるし、
神社を案内していると言えばいいんだから」と共犯者のように答えた。
「じゃ、約束だし、このおねえさんが君たちが今まで見たことのないものを見
せてくれるから、絶対秘密にしないとだめだよ。」と再度念を押した。
子供たちは「絶対。絶対。」と次に見られるものを期待するように言った。

「女の人のオッパイ、見たことある?」と聞くと、ひとりは、「本物はお母
さんだけで、あとは、テレビとかお父さんの買っている雑誌」、もうひとりは
「それといとこのお姉さんが家に泊まったとき、ちょっと」と答えた。
「じゃ、そのとき何か感じて気持ちよかったか。」と続けて聞くと、
「お母さんの時は全然。テレビとか雑誌は良かった。テレビを一人で見られ
たらいいのになと思うけど。」と男同士の本音を話した。「テレビジョッキー
とか水泳大会とか見るの。おにいさんも子供の時そうだったからな。
でも、きょうは眠れないほどいいものを見せてやるから、秘密だけは絶対だ
ぞ。」と言った。

子供たちは期待してか「本当にいいの?」とまた、尋ねた。
「本当だよ。男と男の約束だし、君たちも約束を守ってくれないとね。」
と念を押して、指切りをした。「じゃ、いいね」「君たちスカートの中みたい
と思ったことはある」と聞くと、学校で女の先生が階段を上っていくとき
少し見えるけど、・・」と口ごもった。私は、「きょうは、いくら見ても、
近くで見ても誰にも怒られないからね。いいかい。」と言って、
お堂の縁に座らせていた彼女に脚を開くよう目で合図した。
彼女は少し恥ずかしがったが、素直に開いていった。「スカートをあげないと
よく見えないよ」と言うと、まだ、この程度ならと思ったのか思いっきりまく
り上げた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。