FC2ブログ

人妻出会いネット無料版

2018/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻 出会いビクつきが終わるまで

「!!!」おれは興奮し
「あーYちゃんいやらしー。ねぇもっといっぱい自分からいやらしいこと言ってみて」とさらに要求する。
Yちゃんは頷くかのようにチンチンを咥え直し、大きく上下に動かした後、
「・・・Kさんの硬くていやらしいおチンチンがおいしくて、Yもすごくエッチな気持ちになってます。・・・もっといっぱい・・・エッチなことしてください」と続けた。

「Yちゃん。いやらしすぎ!!」
興奮度MAXなおれ。もう理性はフッ飛んだ。
「ねぇYちゃん、もっといやらしいこと聞かせて!!Yちゃんのおまんこは今どうなってるの?」
「・・・Yのおまんこは・・・もう・・・大変ですよ」
「グチョグチョになってる?」
「・・・はい・・・もうグチョグチョです・・・」
「あー、いやらしい!!Yちゃんのおまんこからマン汁がいっぱい出てるの?」
「・・・はい、・・・Yのおまんこから・・・いやらしいマン汁がいっぱい出ています」
「Yちゃんおれにマン汁見せて!!」
Yちゃんは黙って右手で自分のおまんこを触り、マン汁の付いた手をおれに見せるとそのままチンチンになすりつけ、おれの目を見ながら再びチンチンを咥えた。


476 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/05/02(金) 11:52:12 ID:o8FAbs2b0
この時点でおれだけでなくYちゃんも完全に理性が飛んでいたんだと思う。
この後も思いつく限り2人でいやらしい言葉を言い合いながらも、Yちゃんのフェラチオは続いた。

断続的にチンチンに快感が走り、芯が熱くなってくるのが分かる。
やがて下腹部に痺れるような圧迫感が訪れ、射精感が昂まってきた。
「Yちゃんそろそろいきそうだよ」
「・・・」
無言のYちゃん。
「もう出ちゃうよ!!」
Yちゃんはそれにも返事をせず、代わりにストロークのピッチを上げ、頭を大きく廻し、物凄い勢いでチンチンに刺激を与え始めた。


477 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2008/05/02(金) 11:56:32 ID:o8FAbs2b0
Yちゃんの無言の返事を理解したおれは、Yちゃんの頭を掴むとまるでおまんこに挿入しているかのように自ら腰を突き上げ、その数秒後、今までに感じたことがないほどの快感と共にYちゃんの口に放出した。

ドクドクとまさに絞り出すような勢いで放出される大量の精液。
Yちゃんはおれのビクつきが終わるまでの間、ずうっとおれのチンチンを咥えている。

大量の精子を口に含み、不自然なぐらい口を閉じて床に座っているYちゃん。
さすがにごっくんは出来なかったみたいで、おれは近くの机においてあったティッシュの箱から数枚を抜き取り、Yちゃんに渡すとYちゃんはゆっくりと口に溜まった精子を吐き出した。

てかてかに光っている口元から垂れる精子と、Yちゃんの精気が抜けたような表情。
おれは改めてYちゃんの口に射精したことを実感すると共に、また新たな興奮が湧き上がってくるのを感じた

おれは椅子から立ち上がるとYちゃんに近づき、すでに張りを失いつつあるチンチンをYちゃんの顔の前に突き出すと、ゆっくりと根本からしごいた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。