FC2ブログ

人妻出会いネット無料版

2018/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2018/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人妻に舐められて

《ヒヨリがこんなHだって知らなかった、・・すごいね》
「そう?じゃあ、またネ」
《え?あ、あ、うん、また》


彼が拍子抜けするくらい、ヒヨリはあっさり電話を切ってしまった。
電源も切ってしまった。
様子がおかしいのは彼も気付いただろうけど、まさかホントにヤッてたとは思うまい。
いや、どうかな、バレバレな気もする!ちょっと心配になって来た。

そんな俺の心配をよそに、ヒヨリはうれしそうに、ニコニコしてる。カワイイな!

「サル野さあん。あの・・スゴイです。すっごく、スゴイデス・・」
「そんなにスゴかった?(笑)」

「私、イッちゃったですヨネ?何回も!あれすごいデス・・!イクの気持ちイイデス」
「イクの初めて?いっぱい感じてたな」

「初めてです。おま・・おまんこも!舐められて、おちんちんがぁ、おっきくて、むるむるでえ」
「・・ヒヨリ、大丈夫?」

「サル野さん、私、今酔っ払ってますネ・・」
「うん、そうだね」

ちょっと楽しい人妻 出会い

「じゃ、僕とか年下がいるとちょっと仕事楽しい?」って聞いて見ました。
「オヤジだらけより楽しいよ」っていってくれました。
その日はそれで終わったのですが、なんとなく気になって
その夜、美樹さんに電話をしました。
「今日、変なこと一杯きいてごめんなさい」
「いいよ、楽しかったよ」
そんな話や世間話を1時間ぐらいしてたような気がします。

そして、美樹さんは何かの話の流れで
「×イチで、子持ちじゃ、誰ももう相手してくれないよ…」って言いました。
僕は言いました「美樹さんはきれいですよ。僕はそう思う。脚とか、綺麗だし
正直、変なこと想像して立ってしまった事あるもん」って。勇気いりました。

沈黙

言い終わると同時にキスしてた。
気分が盛り上がりすぎてた。
姉のびっくりした目が目の前にあった。
姉が目を閉じた。
で逆に我に帰って姉から離れた




「え!?」

沈黙があった。
いろいろ反応を考えた。

「もう溜まりすぎてわけわからんようになってるやろー。」
姉はいつもののりで そーやねん。うそうそ。とオレが言うのを
待ってたと思う。
気がついたら抱きついてた。
「どーしたらええかわからんし。こんなんオレが言ったら困るやんな。」

一緒に人妻 出会い

男達も一緒に遊びはじめました。男達はしばらく妻を視姦しながらボール遊びをしたあと、妻達に
「そうだ、あっちの奥の木にさっきクワガタムシがいたから見にいこー」
と、言って奥の林のほうに妻達をつれていきました。
そして林の中でも一番奥の方にある大木の所までつれて行き、男Aが言いました。


「さっき、この下の穴のところにいたんだよー、のぞいてごらんよー」
すると妻達はその場に座り込み、その穴をのぞきはじめました。男達は妻が座るとすぐさま妻の前に
移動して、一緒に穴をのぞくふりをしながら、座る妻の開かれた足の奥を覗きました。
そのうち男Aは座っている妻のお尻にそっと手をあて、ゆっくりとお尻をさわりながら妻の顔を見ました。
そして妻が無反応でいるのを確認するとニヤリと笑い、他の2人のほうに目をやりました。それに気付い
た他の2人もニヤリと笑い、妻のお尻に手をのばし、3人で触り始めました。

人妻のポジション 出会い

「指で支えて、このポジションに固定できる? 
 こうすると、オチンチンが剣みたいに見えてすっごく素敵なのよね」
「できることはできますけど・・・」
「ちょっと辛いかな?」
ギンギンに勃起して反り返ったモノを無理やり力で押し返し、
直立させようとするんだから、当然痛いと言えば痛い。
だが、我慢できないほどでもない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。